東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターのTOP画像 患者さまの笑顔が私たちの誇りです

東京の民間救急 新東京救急センターへのよくあるお問い合わせ FAQ to STQ

STOP! 熱中症 ~ 予防と応急手当 ~

 

 毎年7月から8月にかけて、熱中症で救急搬送される人が急増します。
平成25年に東京消防庁管内で熱中症で救急搬送された人は4,463人(暫定値)。
前年より972人増えています。中でも65歳以の高齢者の割合が4割以上を占め、
そのうち半分以上が入院が必要な中等症以上と診断されています。

熱中症とは

 

室温や気温が高い中での作業や運動により、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が破たんするなどして、体温上昇、めまい、ひどいときにはけいれんや意識障害など、様々な症状を引き起こす病気です。。

こんな症状があるときは熱中症を疑ってください

 

     

熱中症による救急搬送の事例 

13才から15才の女性6名の熱中症による救急搬送の事例

校庭で吹奏楽部員6名が演奏後に体調不良を訴えったため、 救急車を要請した。
(7月 気温28.4℃ 湿度 59%)

⇒指導者等は、計画的に休憩させたり、体調の変化を見逃さないようにしましょう。

85才の男性の熱中症による救急搬送の事例

窓を閉め切った自宅で倒れていたところを弟が発見し、救急車を要請した。
(7月 気温34.0℃ 湿度47%)
⇒高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくくなるため、自覚症状がないまま熱中症になる危険があります。

熱中症予防のポイント
熱中症の応急処置

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのお問い合わせ

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターでの入院・転院・退院に関するお問い合わせ・ご相談は0120-896-610までお気軽にお問い合わせください。

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの精神障害者搬送サービス 各種精神病・うつ病・ひきこもり・アルコール依存症・薬物依存 ・治療を拒む患者様を安心・安全に病院へ搬送いたします。 お気軽にご相談ください!!プロのスタッフがお待ちしております。
東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの精神障害者搬送サービス 各種精神病・うつ病・ひきこもり・アルコール依存症・薬物依存 ・治療を拒む患者様を安心・安全に病院へ搬送いたします。 お気軽にご相談ください!!プロのスタッフがお待ちしております。
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターごあいさつ
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのお客様の声
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターのソーシャルワーカーの紹介
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの季刊便り
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのお客様の声
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのお客様の声
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのよくあるお問い合わせ
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの個人情報の取り扱いについて
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターのサイトマップsitemap
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの会社概要

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターのメディア紹介事例

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの東京消防庁認定証
東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの東京消防庁適任証