東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターのTOP画像 患者さまの笑顔が私たちの誇りです

東京の民間救急 新東京救急センターからの季刊便り Season news from STQ

新東京救急センターの事が読売新聞で取り上げられました。

(読売新聞平成20年9月27日掲載)

東京の民間救急・患者搬送・患者移送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの新聞記事

■多摩
寝たきりなどで介護が必要な家族の通院や、思い出の場所に連れて行きたい時に頼りになるのが「民間救急車」。
多摩興運(小礒トシ社長)は2005年、その運行を手がける「新東京救急センター」を設立し、自家用車などでは移動が難しい人の搬送を手助けしている。
民間救急車は、救急車が緊急性の高い患者を優先的に病院に搬送できるようにと、04年に導入された。ストレッチャーやAED(自動体外式除細動器)なども装備、 乗務員は講習を受けて適任証を取得している。「色々な家庭の事情や人生に立ち会うことも多いです」とセンター長の小礒保夫さん。介護する家族のストレスに耳を傾け、「また介護が受けられます」と、 気持ちを切り替えてもらった時はホッとするという。
大けがで入院し、涙ぐみながら望郷の念を語った男性を東北の実家まで運んだことも。長く音信不通になっていた男性は、当然受け入れを拒否されたが何とか実家
を説得。両者の和解にこぎつけ、お土産にスイカをもらって帰路についた。
民間救急車では、一度搬送した患者らの「その後」に触れる機会も多く、「元気になっているとうれしいし、やりがいにもなる」とスタッフで救命救急士の笠間誠 さんは言う。笠間さんは、東京消防庁で35年の勤務経験があり、救急車乗務歴28年のベテランだ。
東京消防庁管内では、46秒に1回の割合で救急車が出動し、現場到着までの平均所要時間は約6分という。”救える命”のためにも、緊急時以外は民間救急車の利用を心掛けたい。
(稲本美代子)

読売新聞より引用。

 

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのお問い合わせ

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターでの入院・転院・退院に関するお問い合わせ・ご相談は0120-896-610までお気軽にお問い合わせください。

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの精神障害者搬送サービス 各種精神病・うつ病・ひきこもり・アルコール依存症・薬物依存 ・治療を拒む患者様を安心・安全に病院へ搬送いたします。 お気軽にご相談ください!!プロのスタッフがお待ちしております。
東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの精神障害者搬送サービス 各種精神病・うつ病・ひきこもり・アルコール依存症・薬物依存 ・治療を拒む患者様を安心・安全に病院へ搬送いたします。 お気軽にご相談ください!!プロのスタッフがお待ちしております。
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターごあいさつ
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのお客様の声
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターのソーシャルワーカーの紹介
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの季刊便り
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのお客様の声
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのお客様の声
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターへのよくあるお問い合わせ
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの個人情報の取り扱いについて
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターのサイトマップsitemap
  • 東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの会社概要

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターのメディア紹介事例

東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの東京消防庁認定証
東京の民間救急・患者搬送なら東京の民間救急車 新東京救急センターの東京消防庁適任証